2010年10月27日水曜日

パウルくんの訃報

【ベルリン時事】今年6~7月のサッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、試合結果を次々と的中させて世界を驚かせたタコのパウルが26日、ドイツ西部オーバーハウゼンの水族館「シー・ライフ」で死んでいるのが見つかった。タコの寿命は3歳前後で、パウルは2歳9カ月だった。
 パウルは同大会で、ドイツ代表の7試合と決勝の結果を予想。8試合すべてを的中させ、話題をさらった。準決勝のスペイン―ドイツ戦でスペインの勝利を当てた時は、熱狂的なドイツのファンの恨みを買ったが、2018年のW杯招致を目指すイングランドの親善大使に選ばれるなど、最後まで人気者だった。 

***************************************

え~~!ついこの間まで元気そうだったのに・・・タコの寿命って短いのですね・・・
タコって3つの心臓と9つの脳があると言われています。学習能力が高く、全ての吸盤で味を感じることが出来るとか・・・
不思議な生物です。
世界的に有名になったパウル君・・・スペインが高額で引き取りたいとか、他の国からも随分と声がかかったようですが、ドイツの水族館で最後まで守ってもらって良かったですね!
安らかに眠って下さい。

ちなみに・・・ヤマトパックはタコを食べません。笑


2 件のコメント:

#104 さんのコメント...

パウルくん…
ボクパウルくん大好きだったんですね。
でも大往生ですよね。
夜、誰にも見られない中ひっそりと息を引きとって
最後の最後まで人気者だったんですから。

Yuki さんのコメント...

そうですね・・・きっと世界で最も有名なタコ君だったと思います。毎日多くの人々がパウル君に会いに行ったりファンレターや差し入れも沢山あったようです^^

2代目パウル君がいるらしいですが・・・
それにしてもタコさんの寿命って短いですよね~