2010年10月31日日曜日

心に響く、ある獣医の手記

人が生きる目的って、何でしょうか?
では犬たちは?

考えて答えが出るものではないと思いますが、犬が生きてきた目的のようなものを少し考えさせる、ある獣医さんの手記がありましたのでご紹介します。(写真はイメージ画像です)
*****


私は獣医として働いているが、ある日ベルカーと言う名前の10歳になるウルフハウンドを診るために呼ばれた。主人のロン、その妻リサ、そして小さな息子のシェインは3人ともベルカーが大好きで、何らかの奇跡が起こってくれないかと期待していた。

ベルカーを診察してみると、ガンで余命わずかであることがわかった。もうベルカーは手遅れなことを家族に伝え、家庭で安楽死させる選択肢があると伝えた。

各種手続きを取っていると、夫婦は6歳の息子シェインにもその処置を見せるつもりだと私に言ってきた。シェインがその経験によって、何か学ぶものがあるかもしれないと感じたようだ。

その翌日、私はベルカーの家族に囲まれながら、喉に何かひっかかるようなものを感じていた。歳を重ねた犬に最後の抱擁をするシェインは落ち着いているように見え、私はこの子が状況を理解できているのか疑問に感じていた。

数分のうちにベルカーは安らかに、眠るように息を引き取った。

シェインはベルカーの変化を特に混乱することもなく、難なく受け入れたようだった。私たちはベルカーの死後、しばらくそこに座り、動物の命が人間のものより短いと言う、悲しい現実について話し合った。

静かに会話を聞いていたシェインが突然、「どういうことか、わかるよ」と言った。

私たちは驚き、全員が彼の方を向いた。

彼がそのときに放った言葉は私を驚かせた。それまで、これほど心地よい説明を聞いたことがなかったからだ。

彼はこう言ったのだ。

「人は、いい人生の過ごし方を学ぶために生まれてくるよね?いつもみんなを愛することとか、人に優しくすることとか。だよね?」そしてその6歳の少年は続けた。

「ほら、犬はもうそれをすでに知ってるんだから、そんなに長いこと、この世にいなくていいんだ」
身近な死を受け止めることは誰にとっても難しいものですが、とても考えさせてくれるエピソードです。
(A Dog's Purpose )

*****

グッときました。 さすが純真な子供の言葉らしいと思いました。そしてまさにその通り・・・だと思いました。
宗教観で死に関しても捉え方は様々ですが、多くの欧米の方たちは、死後は天国に行くと信じているようですね。
きっとシェイン君はベルカーが天国で幸せに暮らしているって信じているのですね^^

2 件のコメント:

#104 さんのコメント...

犬・オオカミは子供に優しいですね。人間の子供に対しても優しいみたいですね。

Yuki さんのコメント...

そうですね^^
自分の子供でなくても育てたりしますものね~
ウルフドッグは、小さい子供と一緒に育つと、本当にナイトの様に守るそうです。

ヤマトは小さい動物やベイビーに対しては凄く寛大で優しいです。しかし人間の子供には慣れていないので・・・逃げます!笑