2009年11月20日金曜日

クヌート

日本でも話題になった、クヌート(Knut)は2006年12月5日にドイツのベルリン動物園で生まれたホッキョクグマです。母グマが育児放棄したため、飼育係がクヌートと同時に生まれたもう1頭を母グマから引き離し(もう1頭は生後4日目に死亡)人工哺育を行い、その愛らしさにドイツ国内のみならず世界中の人気者になりました!


アメリカの雑誌『Vanity Fair』の表紙を飾ったり、DVDやぬいぐるみ、お菓子など関連商品も多数発売され、2008年には『Knut und Seine Freunde』というドキュメンタリー映画も公開されたほどです。
その人気と共に、人間たちの欲望のトラブルまで話題になりました。
2009年5月19日にはクヌートの父親「ラルス(Lars)」を貸し出していたノイミュンスター動物園はベルリン動物園に対し50万ユーロ(約6500万円)の利益の配分を求め提訴、ノイミュンスター動物園に約43万ユーロ(約5600万円)を支払うことで和解が成立、ベルリン動物園に留まることになった。
という事もありました。人間は、どうしてこうなっちゃうのでしょう;

クヌートの飼育に関しては、安楽死をめぐる論争もありましたね。。。
「一部の動物愛護団体が、シロクマの人工哺育は自然の法則に反すると安楽死を主張したが、動物園側はこれに反論。ドイツでは人工飼育の是非をめぐって論争になっている」として配信されたためです。(一部
Wikipediaより)
でも、これってありえない!と私は思っていました。

動物園で生まれた子です。自然に帰す目的もありません。
動物園で飼育放棄された動物たち、人工飼育していますよね?動物の種類で区別するつもりはありませんが、ホッキョクグマは現在数が減り、この先温暖化が進めば絶滅さえ危惧されている動物です。
授かった小さな命を守ってあげることが出来るなら、救ってあげられるのも人間の力だと私は思います。
自然界では、生存し得ない・・とかいうお話も聞きましたが、現実は動物園です。自然界に手を出すワケではありません。
なぜ、そんな事が議論になるかさえ理解できませんでした。
はい!私は動物の味方なので・・・
自然界に手を出して、生態系を乱してしまうのはいつも人間です。クヌートの議論以前に、もっと大事な動物の命に対しての議論が必要なのではないでしょうか。

もう一つ、クヌートに関する悲しいニュースがありました。
クヌートを大切に育てた飼育係のトーマス・デルフラインさん(44)が、2008年9月22日の警察の発表によると、ベルリン西部の自宅アパートで死亡しているのが見つかったが、詳しい事情は明らかにされていないというものです。
デルフラインさんはクヌートの母親トスカが育児を放棄したときからずっと面倒を見ていた方です。
濃い黒いひげをたくわえた人の良いデルフラインさんは、大勢のファンの前でクヌートと遊ぶ姿を見せたことで有名でした。クヌートの2世を見たかった事と思います。。。ご冥福をお祈り致します。


さて、現在のクヌートですが、もう立派なホッキョクグマそのものです!
でも、どこかしら愛らしい面影が残っていますね。仕草はまだまだ子供みたいです^^





 

2 件のコメント:

na- さんのコメント...

こんばんワンワン! na-でございます^^

今日のブログを見て熱い思いに・・
私もクヌートが大好きで大好きで、絵本や
映画をみて、絶対にこの子たちを絶滅させては
いけないと思いました。
デルフラインさんの死にも、衝撃を受けました。

今日、実は会社をお休みして(汗)マイケルジャクソンの
映画を観にいっておりました…。
後半に、マイケルが地球への愛とメッセージをこめた
ステージが流れ、涙が出ました。
アマゾンでの伐採を怒り、自然は人間がした
つり合いを直そうとするのに大変だ。
誰かではなく、今、僕たちから始めなければ
間に合わない。
4年で地球環境を直さなければ、
間に合わない。

整形を繰り返した彼ですが、
天使に見えました。
人間達の欲の世界はあまりに耐えられなく、
きっと繊細でピュアな人には生きづらいかもしれませんね。

Yukiさんのブログを読み、同じ思いを持つ方と
出会えたことは、勇気になります。
私も自分のできることを信じてがんばるぞー おー!

【追申】
ヤマト王子は小さい時もおっきくなっても
ステキですよ♪

Yuki さんのコメント...

こんばんわん!

マイケルの映画、素晴らしい様ですね!
ファンでなかった人たちも、素晴らしい!と皆さんおっしゃいます!^^
マイケルのピュアな思いが多くの人々の心に衝撃を与えられるのだとしたら・・・世もまだまだ捨てたものではないと・・
そんな風に思います!
映画!劇場へは行けませんが、DVDになったら絶対に観たいです!^^
na-さん、素晴らしいコメントありがとうございました。

クヌートの可愛らしさを、世界中の人たちが微笑ましく応援したように、この美しい地球の為に世界中の人々が団結できるいいですよね~~

核とか武器に大金を使っている場合ではない事、偉い方々は分かっているはずなのに・・・
国益や個人の利益を追い求めていても、地球が壊れてしまったら、何もかもおしまいです。
世界の心が同じ方向に向かって行く事を祈るばかりです!

あ!ヤマトから伝言が・・・
「na-さん!僕のこと、誉めてくれてありがとう^^ 嬉しいっす!」

調子に乗って、ご機嫌なヤマトでした。笑