2009年12月22日火曜日

たき火で温まるおサルさんたち


毎年必ずニュースで見ますが、今年もおサルさんたちは、たき火で暖をとっている様です。

愛知県犬山市の日本モンキーセンターで、たき火で暖をとるサルの公開が始まった。冬至のころから毎年行っている冬の風物詩。気持ちよさそうにたき火を囲む姿に、入場者からは「かわいい!」と歓声が上がった。
たき火は1959年、伊勢湾台風の倒木を燃やしたところ、サルが集まったのが始まりといい、今年で50年。152頭のヤクニホンザルが飼育されている「モンキーバレイ」で職員がたき火を始めると、1頭、2頭と集まり、おなかを突き出したり、手をかざして暖をとる。たき火の中で焼いたイモが与えられると、おいしそうに食べる姿がほほえましい。
たき火は来年2月末まで毎日行われる。午後2時から「焼きイモタイム」があり、入園者にはふかしイモがふるまわれる。(毎日新聞)

おお~~最後の1文が・・・
ヤマトもヤキイモを頂きに行きたい~笑
温泉で温まるおサルさんや、おしくらまんじゅうみたいに団子になって集まるおサルさんたち、見ていると本当に人間の様に寒がっている様子が分かります。
全身毛皮なのに、結構寒がりですよね~

このニュースの犬山モンキーパークのすぐ傍に、「桃太郎神社」という神社が古くからあります。そこの神社が、とてもユニークなのです。まず入り口にはその名の通り、多くのお店が「きび団子」を販売しています。
神社には、犬やサル、そして桃太郎の人形?があります。奥の方には川が流れていて、そこには赤鬼がいて涙を流しているのです!(確か、鬼の目にも涙 と書かれていたような・・・)
現代的ではありませんが、驚きの神社なのです!
凄く幼い頃行った事があるのですが、幼い心には衝撃的でずっと忘れる事はありませんでした!
近年では、ペットのお守り とかも目にするようになちましたが、まだ居間の様にペットのお守りがない頃、この桃太郎神社に「愛犬のお守り」というものがあると聞き、わざわざ行った事がありました。
その時、幼い頃の思い出が蘇り、とても懐かしかったです。何せ、変わっていなかったので!
有名ではないけれど、名所!という場所が、きっと日本中に、たくさんあるのでしょうね~^^



2 件のコメント:

na- さんのコメント...

こんばんわんこ~^^ na-です。

調子にのってちゃダメだよの王子に萌え‥笑

サルさんたちは、自ら焚き火に集まったのですね。
やっぱり寒いものは寒いもん!ということでしょうか??
焼き芋はそして人気^^

それにしても!「桃太郎神社」気になりますね!
ワタスは初耳でした。しかも変わっていないという…
そういう場所があるのってとっても幸せですね♪

それにしても!2。もうすぐクリスマスじゃないですか。ノホホ♪今から楽しみ~保存しちゃうぞ~ホホホなのでした。

P.S.
寝違いどうですか?中学の時首の筋を伸ばし、言葉にならない痛みを覚えたものです。そして大人になっては腰痛を…。。寒いからお互いの家族のためにも大事にいたしましょう♪

Yuki さんのコメント...

na-さん こんばんわん~^^

古きよき時代・・・良いですよね~!昔から変わらず、アナログっぽいもの、凄く好きです!
どんどん便利になる世の中ですが、手間がかかるものって、暖かい感じがしますよね~
桃太郎神社は、ぜひお勧めです!。。。が、あっという間に見終わってしまうので(笑)、近くのモンキーパークもお勧めです!笑

寝違え、意外としつこいです;)
首が回らないとは、まさにコレ!って感じです。優しいお友達から、良く効く湿布を頂いて貼っています^^
寒さで、余計に体がこわばっているせいもあるのでしょうね~
 
ホント、体にはくれぐれも気をつけましょう!^0^